宮原園 創業明治二十三年

法人のお客様へ

(有)宮原園は茶問屋であり、鹿児島県茶市場を通じて厳選した荒茶の仕入れと生産者との直接買い付けにより、お客様のニーズに合ったお茶をお届けします。

沿革

                                   
明治 初代宮原伴左エ門が知覧後岳にて茶業を営む
昭和32年 宮原明香園茶工場建設
47年 宮原明香園茶工場 再建設
60年 宮原明香園より卸部門として独立
平成8年 8月 宮原園社屋 新設
9年 2月 (有)宮原園 設立
11年 本社工場 増設
17年 知覧後岳冷蔵庫 新設(200t入庫可能)
18年 4月 鹿児島営業所 新設 鹿児島市和田
20年 第1川辺冷蔵庫 新設(200t入庫可能)
22年 知覧永里工場 新設(煎茶ライン・焙じ茶ライン)
知覧永里冷蔵庫 新設(450t入庫可能)
24年 知覧松ヶ浦倉庫 新設 常温(200t入庫可能)
25年 知覧霜出倉庫(300t入庫可能)
28年 頴娃冷蔵庫(200t入庫可能)・倉庫(1000t入庫可能)新設
29年 第2川辺倉庫 新設(400t入庫可能)

主要生産設備能力

1. 原材料荒茶ブレンド茶生産能力(月産標準数量/25日稼働)

  • 総合荒茶ライン 500t

2. 煎茶仕上生産能力(月産標準数量/25日稼働)

  • 総合仕上加工ライン 100t
  • 焙じ茶加工ライン 15t
  • 緑茶粉砕加工ライン 30t(小型高速切断機)

3. 包装茶充填機生産能力(月産標準数量/25日稼働)

  • 超小型ガス充填包装機 100,000本(2台)
  • ティーバッグ 400,000P

保管能力

  • 冷蔵庫1050t
  • 倉庫1900t

本社

永里工場

頴娃冷蔵庫・倉庫

後岳冷蔵庫

第1川辺冷蔵庫

第2川辺倉庫

松ヶ浦倉庫

仕入れた茶葉は冷蔵庫で保管することにより茶の新鮮さが失われず、新茶時の豊かな香味を一年中楽しむことができます。

卸業務として

多数の飲食店や企業、ホテル、百貨店、老人ホーム、小売店、スーパー等あらゆるお客様のご要望にお応えし、幅広いお客様とお取引をさせていただいております。お気軽にご相談ください。